呼吸コントロール力2

体感空間の持つ意味 ー 心身息声をつなぐ橋

 このところ出かけるレッスンが減りましたが、声を使うレッスンは難しいと思っていたZOOMレッスンでも、大きなスピーカーを使って音質を良くすることで、意外に声の状態も聞き取れるようになりました。それでZOOMでも個人指導をするようになりました。でも一方通行になりがちなので、「質問はないですか」としょっちゅう問いかけをします。

 先日のZOOMのときにも質問は? と問いかけたところ、こんな質問がありました。

 「ナチュラル ヴォイス ヨガ入門」(この記事)のサブタイトルが「母音メソッドの考え方と実践方法」となっているけれど、最近の記事では母音メソッドに触れられていない、なぜですか?」  

 う~ん、痛いところを突くじゃないか。自分でも気にしているところなんだよ。

 毎月のことですが、ここに何を書くかと思いを巡らしていると、私の意識は母音メソッドそのものではなく、その元になるところに移っていきます。毎回、いつもそうなります。

母音メソッドと体感空間

 母音メソッドは20数年前に思い付きましたが、その気付きを得られたのは、沖先生の発声体操を学んでいたことと、「体感空間」という概念を自分の中で培っていたからです。今もこの空間意識によって呼吸を深くし、声を伸びやかにし、心をゆったりと豊かにすることができていますが、これはもっともっと前の声を学び始めた10代に覚えた「こんにゃく体操(野口体操)」をやっていたことから得たところの多い感覚です。もちろん同じことを別の感覚、例えば「丹田で 動作する」とか「神様にお任せする」というような感覚で実現している方もあるでしょうが、私にとってはこの「体感空間」という言葉の果たす役割が大きいのです。

 声と呼吸との深い関連は歌を始めたときから教えられ、また、さもありなんと当然のこととして受け入れ、声を出すときには常に呼吸の状態を意識してきました。
 あるとき、出ている声の方向性や広がりと息の入り方とに関係があることに気づきました。時間をかけてそこを観察すると、呼吸は自身の身体の中に空間を生み出しており、そこで生まれた広がり(空間)と外に感じている声の占める広がり方とが相似形のように感じられることに気づきました。また、声を出すときに開ける口の形、それと共に口の奥や咽頭部、喉頭部あたりの広げ方、これらも声の広がる空間と相似形に感じられる。この相似形と感じられる三つの状態、喉周り、体内の呼吸の形、そして外に感じられる空間、それらは幾何で描く図形のように明確な形ではないけれど、縦や横に広がる、後ろや前が伸びる、上が大きな風船、下膨れな空間、頭の上で広がる空間、というように感じられるのです。

 歌うとき外に感じていた空間は、中で行われている呼吸から生じているということ。

 この観察を深めると、心の広がりも呼吸の広がりが生み出していることがわかります。心が広いという言葉なら誰でもその意味が分かるでしょう。
 なんということだろう、自分の多くの面が幾重にも呼吸と直結している。自分に生じる意識や感覚の多くが呼吸から生まれ、また呼吸そのものでもある。
 心の広がりも気分の豊かさも、みな呼吸の形が生み出している。この「体感空間」を拡げれば意識が広がり、声の広がりもうみだせるのだと、驚いたことです。

 この感覚の意味するところ、それは、『体感空間が示唆するところはヨガの三密(心身息)の意味するところと同じである』ということです。この気づきを得てからというもの、いつも空間を意識しながら声を出したりポーズをしたりしていましたが、「体感空間」の感覚に慣れるにしたがって、呼吸のコントロールの仕方が分かり、そこで生まれたのが母音メソッドでした。

 ですから、身体・心・呼吸・声を意図する方向に変えていくという、私がヨガをやる根拠、根幹の一つに「体感空間」という感覚や概念があり、その上に成り立っているのが母音メソッドであるということです。

呼吸の在り方の論理的な説明

 体感空間も母音メソッドも大きな気づきでしたが、これらは私の体感や直感から生まれており、その状態を論理的に説明することはできません。ですから、母音メソッドを文章で表現すると、「これをやれば声が良くなりますよ、呼吸が変わって心の状態まで変わりますよ」という表現しかできません。もちろん、実際に顔を合わせ呼吸を共にする相手なら以心伝心、呼吸そのものが伝わるのですが、本や会報の記事に書くと、それはいわゆるノウハウになり、やればそれなりの効果や声が少し変わって楽になる、という表面的なとらえ方でしか受け取ってもらえない可能性が高くなります。しかし毎月ここで表現しようとしていることはヨガの説くところであり、体操であれ発声であれ、ただ生きるのではなく生ききるため、生きて何を得るかではなくいかに生きる質を高めるか、というところですから、ヨガとしてやるなら、私がやるなら、声もポーズも呼吸もせっかく手に入れたツールを使わない手はないし、この根幹を体得することを抜きにしては意味がなくなるのです。でもそれを直接体験できない場では、論理的に書き表す以外には、宗教のようにただ信じてください、信じてやって同じ体験をしてくださいというしかありません。論理的な説明があるなら、理解して取り組むことのできるテーマになるのに…、とずっとそう思いながら、何十年も体感空間というものを観察し続けてきました。そして最近、といっても2年前に天の助けが突然現れました。私にとっては初めての論理的な呼吸の(いち)側面(そくめん)の表現です。

呼吸の拮抗

 それは「呼吸の拮抗」という考えで、2018年12月号から「呼吸コントロールのメカニズム」というサブタイトルで書き始めました。まずは「二つの拮抗」、その後、「三つの拮抗」とした方が説明しやすいと、2019年10月号に掲載し、それから1年が経ちました。
 そしてこの2年近くで、この観点で組み立てた呼吸法を多くの方にしてもらい、繰り返すことでその感覚に慣れ、体感空間、肚への意識、吐く息に力がこもる、などという新しい意識を育て自分のものにする方が増えてきました。

 呼吸には姿勢や動作によって必要な型があり、それは心の使い方によっても変化はしますが、外せない鉄則があります。それは、活動状態にあるときには、放っておけば息が入ってこようとするような体の使い方(姿勢)をしているのが正常な状態であるということです。そこから吐くから、力をこめないと吐けないのです。「吐く息に力をこめよ」という沖ヨガの教えは、その前に息が勝手に入って来るような身体の使い方をしている必要があるということです。これが「第3の拮抗」、吸う息と吐く息の拮抗です。

 呼吸の拮抗はこれだけではありません。息が入ってこようとする働きは、方向性の違う2つの吸う働きが拮抗(第1の拮抗)することで胸郭がいつも広がろうとしている。そしてその拮抗のあるまま吐くには、横隔膜の下がる働きに対して骨盤底筋や肛門、その他の体幹の筋肉が、下がる横隔膜を押し上げるように拮抗(第2の拮抗)する。このためその間にある腹腔内の圧力が高くなる。

 それらは背スジの伸ばし方であり、背骨の力のこもり方であり、お腹の締め方であり、横隔膜や肛門の使い方であり、それらの総合でもある。しかしそれらの拮抗が完全には働かなくても呼吸はできるし、心も働く。でも、より良い心の状態そして身体の状態や声の出方を求めていくと、三つの拮抗がバランスよく体の中を開き、ゆったりと呼吸ができるような呼吸の型になるのです。その型を生む使い方のコツが拮抗にあるのです。

 もちろんこの呼吸の拮抗だけで身体の使い方を体得できるわけではありません。でもこの呼吸の根本の方向性が間違っていればいくら努力をしても本来の良い呼吸や正しい身体の使い方に到達することはできません。もちろん良い呼吸は本来生命に付与されている当たり前のはたらきですから、全く別なアプローチがいくらでもあることでしょう。でも現在の私が文章にして提示できる論理的な呼吸の状態、良い呼吸にはこんなことが起こっていますよ、というのはこの拮抗でしか書くことができません。
 肚に意識を置け、統一体だ、と言われてもそれを自分のものにするのはとても難しいことです。もちろん呼吸の拮抗というとらえ方も簡単ではないかもしれません、でもただ目に見えないところをやみくもに進むのではなく、体の働きを自分で分析しながら変えていく手掛かりになります。

 今回の話の結論です。母音メソッドを本に書いてあるままやることは誰にとってもそう難しくなくできることでしょう、しかし、この拮抗の働きを意識化してその働きを高めないと母音メソッドの良さは分からないし、その先への進化も望めません。
 母音メソッドをより深く理解するためには、本来のヨガが必要になり、体の使い方や心の在り方、そして呼吸の在り方について言及しないわけにはいかず、いつも話がそれてしまいます。

 根本としては、ヨガの説くところを私も実現したいし、ご縁のある方にもそれを実現してほしいと思います。私の文章からつたない体験をくみ取って活かしていただければ幸いです。少々懐古的に私の意識の変遷を書きましたが、ここが私なりの踏ん張りどころであり、もがき苦しむところです。

次の記事
色々な呼吸

色々な呼吸 ー 良い腹式・良くない腹式前のページ

心と身体で取組む ー 心で心は制御できない次のページ

関連記事

  1. 呼吸コントロール力2

    世の中の当たり前 ー 問題のない方が特別?

     「当たり前でいいんだよ」と言う人がいます。「自然食がどうした、特別…

  2. 呼吸コントロール力2

    心と身体で取組む ー 心で心は制御できない

     体感空間は身体の感覚としての面を多く説明してきていますが、心の感覚…

  3. 呼吸コントロール力2

    立つということ ー 呼吸器も立った

     前回は四つ足動物たちと私たち人間との呼吸について考えてみました。…

  4. 呼吸コントロール力2

    色々な呼吸 ー 良い腹式・良くない腹式

     今回も呼吸の話です。別な話をと思ったりもしますが、それにしても呼吸…

  5. 呼吸コントロール力2

    意識化する ー 癖を克服する

    動作を意識化する 母音メソッド形は簡単、されど・・・…

  6. 呼吸コントロール力2

    二足歩行の呼吸 ー 四足の呼吸システム

     母音は「心や呼吸の膨らみ方」の違いが声に表れたものです。そして、本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ナチュラル ヴォイス ヨガ

    ナチュラル ヴォイス ヨガ とは
  2. shuhei Blog

    至福の人生(便の話)
  3. shuhei Blog

    NVY上達編
  4. shuhei Blog

    木子と上世屋の花
  5. 呼吸コントロール力2

    立つということ ー 呼吸器も立った
PAGE TOP