呼吸コントロール力

  1. 体感空間を生み出す呼吸

    呼吸の働き-拮抗と体感空間

     呼吸法と呼ばれるものがあり、いわゆるヨガの行法の中にも多くのやり方が伝えられていますが、それらは何のためにやるのでしょう。酸素を多く取り入れるというような健…

  2. 呼吸の拮抗が体感空間を生む

    三つの拮抗-体感空間を生むエネルギー

     呼吸という作業のために肺は自らは動かず、身体を動かすための多くの筋肉が呼吸と共用して使われています。そしてそれらは連携し合って一つの動作として行われるように…

  3. 呼吸力が本来持つ喜びを引き出す

    本来の呼吸-喜びと感知力を生む呼吸力

     お話ししている「体感空間」や「呼吸の拮抗」などは私の発明でも特許でもありません。言葉になっていなかったとしても、身体で体得した人はみな感じて分かっていること…

  4. あくびは神様のくれた修正法

    欠伸(あくび)-呼吸の修正回復運動

     良い呼吸の状態は生命の働きに沿っており、また意識的な呼吸コントロールが働いている状態でもありますが、それは身体や心の働きが正しく機能しているベースの上に成り…

  5. 呼吸も運動も方向性が生み出す

    伸びる力の方向性-呼吸を開く力

     世の中には健康や身体の使い方のノウハウが溢れているのに、なぜ皆が健康や生き甲斐に満たされ、幸せに豊かに,気持ちのいい声を出して生きることができないのでしょう…

  6. ヨガで深い呼吸を身につける

    声と呼吸の達人-フースラーとヴィダルダス

     さて、呼吸の拮抗は本来与えられている身体の機構であるにもかかわらず、私たちの生活の中で失われがちな働きであると、以前に書きましたが、今回はこのこととも関連す…

  7. クムバク力(りょく)ー呼吸を自分のものに

     ヨガの呼吸法に 《 クムバク 》 という作法があります。 《クムバク》は息を止めるということですが、ただ息を止めても酸素不足になるだけでなんの意味もありませ…

  8. 発声法は求め方が鍵

    発声法-どのように身につけるか

     発声法を学ぶにはまず楽器として正しく機能するための肉体、すなわち正しい呼吸のための身体の使い方を覚える必要があります。歌うことから呼吸を学ぶ道もありますが、…

  9. ヨガの眼目=統一心・統一体・調和息

    心身息の統一ーヨガの三密

    統一心、統一体、調和息 沖ヨガではこの三つを「ヨガの三密」としています。 身体を統一して使うということは全身の連携すなわち協力関係がうまくいっ…

  10. 病気・老化-常識的行動が常識的結果を招いている

    世間の常識 ー 常識の生む結果

    ヨガの向かうところ ヨガだけでなく日本にも古くから伝えられた呼吸法があるようです。呼吸法の本来の目的は、私たちが生まれながらに持っている元気で伸びやか…

  1. shuhei Blog

    体感空間
  2. saika Blog

    天寿国へ
  3. もとはこちら(平井先生)

    食の原点
  4. ヨガで深い呼吸を身につける

    呼吸コントロール力

    声と呼吸の達人-フースラーとヴィダルダス
  5. shuhei Blog

    ゲルハルト・ヒュッシュ(Gerhard Hüsch)
PAGE TOP