saika Blog

篠田桃紅さんの個展

2016.10.05

 大阪のデパートで、個展があり観に行ってきました。去年「103歳になってわかったこと」という氏の本を読んでいたので、どのような作品なのか興味がありました。
 書画という分野なのだと思いますが、文字よりは線、「私の言葉なんて無意味です。百万の言葉より、一本の線がわたしのつたえたかったことです。」とおっしゃっている通り、線の力強さは年齢とは関係の無い、強い思いが伝わるものでした。
 墨の黒が、赤や金、プラチナ等と対比になったり調和したり墨の濃淡が実に絶妙で芸術的な面白い独特な作品でした。

 初めて飛行機に乗ってアメリカへ行った頃の話などビデオトークしているのを聞いて、なんと私が生まれたころに飛行機に乗ったんだ(プロペラ機だったそうです)当時40代の氏の何とも斬新な発想につくづく色々な方がおられるものだと感心しました。
 自分の親世代より20歳近くも年上で、あの時代にそのような事が出来た人なのだと。
 日ごろ、終戦後の親たちの苦労話を聞いていたので、今の彼女の年齢よりも、たどった道筋に驚きました。

 自分はアメリカで認められたお陰で今があるとおっしゃっていましたが、本の中に面白い表現があり、このお歳になったから達観できているのかなと思いました。

ふしぎ
なんで、私は絵なぞ描いて生きてきたんだろう。
お腹の足しにもならない絵なぞ描いて。
農家の人が作物をつくる意義は、よくわかる。
人の役に立っている。
だけど芸術なんていうものは、
高いお金で買ってもらって、
なんだかインチキで世渡りしてきたような、
ほんとうは
悪い事をしてきたのかもわからない。
人は、ご飯が食べられて、
暖かく暮らしているだけでは、心が満たされず、
なにかを求めてしまうのでしょうか。
人が生み出した美しいもの、音楽や絵などは、
心の隙間を埋めるお手伝いが
できているのでしょうか。
この歳になってくると、
あらゆることがふしぎになってくる。

(因みに作品は2百万前後の物が10作以上売却済み(会期4日目)になっていました。
店員さんが寄ってきて説明してくれましたが、観るだけ、見るだけ。)
作品は下記より観れます。
http://www.gi-co-ma.or.jp/collection/art/

食の安全 TPP前のページ

冬花火次のページ

関連記事

  1. saika Blog

    心と身体の関係

    2014.03.11心の働きは身体に影響しますよ。「そうです…

  2. saika Blog

    黒部、立山へ行ってきました

    2014.10.14長年行きたいと思いつつ、なかなかご縁の無…

  3. saika Blog

    好きな映画

    2014.03.06「ジョーブラックによろしく」が昨日テレビ…

  4. saika Blog

    消費税値上反対!!!

    2014.03.174月から上がる消費税。いまさら言っても遅…

  5. saika Blog

    手当はすごい!!

    2014.06.18野口晴哉さんの本を読んでいると、手当(愉…

  6. saika Blog

    春の散策ミニ旅行

    2014.03.27青春切符を使って和歌山へ。春を感じる旅行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 采佳のヨガしましょう

    ヨガしましょう 2015
  2. ナチュラル ヴォイス ヨガ

    母音メソッド
  3. ヨガとは

    本来のヨガ
  4. shuhei Blog

    ヨガのエッセンス
  5. 沖ヨガ

    沖ヨガ_5 改造班
PAGE TOP