呼吸の拮抗が体感空間を生む

呼吸コントロール力

三つの拮抗-体感空間を生むエネルギー

 呼吸という作業のために肺は自らは動かず、身体を動かすための多くの筋肉が呼吸と共用して使われています。そしてそれらは連携し合って一つの動作として行われるようになっています。その中で実際に息と直接的に関わるところを観察して図式的に表現したものが「三つの拮抗」の働きです。

 呼吸の三つの拮抗は、私たちの気持ちよく伸びのびとした呼吸、本来あるべき正しい呼吸には自ずと生じているはずの働きです。

 呼吸をより深くより広く豊かなものに変えていこうとするとき、本当の師は自身の生命だけです。でも生命は「はいこれが答えです」と簡単に教えてくれるわけではありません。試行錯誤し求め続けるとき、少しずつ答えらしいものを提示してくれます。その試行錯誤のために、観察した呼吸をどう変化させていくか、その参考にしてください。

 呼吸が正しく機能しているとき、これらは連携して働きますが、それがどのように行われているか、どのようにそれを取り戻すかの実践方法を提案しています。そして、ここでは呼吸の働きをそれぞれの部位の働き方の方向性として捉えています。

 呼吸は生活や動作によって変化し、多くのパターンがあります。ここでの考察は、私たちが通常の活動をしているときの状態であり、寝ている時や強い運動をしている時などの状態を含んでいません。座禅や瞑想などの呼吸も通常活動の範疇としていますが、それは、座禅をしている時のような呼吸状態で生きることを目指しているということでもあります。

四つの働き

1.肋骨が引き上がり広がる働き

 背スジに力がこもり、肋骨が高く広がり、胸腔が広がり、陰圧になり、息が入る。(背スジが緩むと正しく広がらない。)

2.横隔膜が下がる働き

 横隔膜に力が入ると下向きに働き、胸腔が広がって陰圧になり、息が入って来る。

 横隔膜は胸腔と腹腔を分ける隔膜。

 特筆すべきは、声帯の伸展を含む全身の呼吸に関る働きと連携していること。

3.下腹・肛門・骨盤底筋群が締まる働き

 1と2の連携の働きを助けると同時に腹圧をうみだす。

4.体幹を絞って息を吐く働き

 背スジを緩めず、胸郭の広がる働きを減らさずに吐く。

1と2はどちらも身体に息を入れる働き。どちらも単独で息を吸い入れることができるが、この働く方向の違う二つが拮抗し合うことで体感空間が広がり、またその拮抗が空間を維持する働きになる。

3は、1と2で生み出した拮抗を維持し腹圧を高める働き、そして吐く働きにも関与し、4は息を吐く働きで、1と2で入った息または入ろうとする息を押し出す働きをする。

1.2.3で生み出した拮抗をなくさないまま3.4が働き、体感空間を変化させずに呼吸することができ、心や身体の使い方がコントロールされた状態を生み出すことが出来る。(胸腔の容積は増減しても、体感空間を変化させずに呼吸できる。)

(胸腔の容積が減っても、体感空間が狭くならず、気分は萎まない。)

呼吸のタイプ

胸式呼吸 :1で吸いその力を緩めることで吐く呼吸

腹式呼吸A :2で吸い、吐くときにその力を緩める

腹式呼吸B :2で吸い、3や4の働きで吐く

胸腹式呼吸:赤ちゃんのように、1.2の働きで息を入れ、3の働きで拮抗したまま、3.4の働きで吐く。

四つの働き & 三つの拮抗

 1.2.は空間を広げて息を身体に入れようとする働き。それに対して4.は息を吐く働き。3.は吐く・腹圧を高める、そして連携を一つの作業としてまとめる働きも持つ。

息を入れて維持する働き(1.2.3.)と、吐く働き(3.4.)との拮抗状態をコントロールして息の出し入れを精妙にする。

第一の拮抗: 1.←→ 2.の拮抗が体感空間を生み出す。

第二の拮抗: 2.←→ 3.の拮抗が腹圧をうみだす。

第三の拮抗: 1.2.3.←→ 3.4.の拮抗で呼吸をコントロールする。

 この三つの拮抗が同時に連携して働くことで、深く広く力強く、そして精妙な呼吸ができ、(はら)丹田(たんでん))をつくるということもこの呼吸があって初めて可能になる。

 この第二の拮抗で生み出す「腹圧」は、呼吸だけにとどまらず、血液の循環にとっても大切な働きであり、また、副交感神経系の働きを高めるという重要な働きも持っています。これは、肋骨を高く広げるための背骨の働きとともに活性化される交感神経系の働きとのバランスをとり、呼吸が深くなるほどにそのバランスの幅を広げ、自律神経の働きを調えると考えられます。そして、これこそが瞑(冥)想で最高のバランス状態を実現するために呼吸コントロールが不可欠である所以です。

 沖先生は、「肛門を締めよ、肩を下げ肩甲骨を締めよ、吐く息に力をこめよ」と、呼吸の話でもヨガの話でも、肛門という言葉がよく出てきました。私の文章にも肛門という言葉がよく出てくるのは沖先生の影響かもしれません。沖先生はそれだけ肛門の働きが大切だという認識を持っておられたのでしょう。私も、体験が増えるほどにその大切さを認識するようになりました。

 肛門には、ウンコを止めて置く働き以外にもとても重要な働きがあります。それは、骨盤底筋群を一斉にまとめて働かせる(かなめ)としての働きであり、肋骨と横隔膜の拮抗を引き出し、かつ維持する機能の要でもあります。それらは、呼吸の持っている本来の連携機能であり、色々な呼吸の働きをまとめて一つの働きとする司令塔の役割をしていると考えられます。昔から「ケツの穴を締めてかかれ!」という言葉があるのはこのことによるのでしょう。

 現代は内臓が下垂している人がとても多く、これは、食べすぎ、便秘、滞留便、陰性食過剰、気分の消沈、などなど、多くの原因が相関して起こっていると考えられ、どれが直接の原因だと特定はできませんが、肋骨が下がって上がりにくくなっているところはほぼ共通と考えられます。

 上から内臓を押さえつけているのか、内臓の重さを引き上げたり押し上げたりしておく働きがなくなるのか、どちらが原因であれ、肋骨が下がってくると、腹腔内の内臓はいつも下に押され、そこに息を入れることでますます下に押されて下がってしまいます。いつも押さえつけられたままでは内臓の血行は良くないことでしょう。

 また、このまま深い呼吸をしようとすると、脱肛、脱糞、尿漏れしないような力が必要になり、骨盤底筋群を働かせている必要があります。次にその息を吐くには腹筋も必要ですが、また骨盤底筋群が働く必要があります。結局吸うときにも吐くときにも骨盤底筋群を働かせておく必要があるということです。肛門は例外のようですが、筋肉は常に力を入れておくことができません。出来ない相談なのでその働きをやめてしまうことになります。結局、深い呼吸を維持できなくなる、または一時的にしかできなくなるということです。

 筋肉は力が入ったり休んだり、リズミカルに働く方がよく、この押し下げる働きもリズミカルな呼吸による横隔膜の上下で生じるものなら、下からの押し上げもリズミカルな収縮で対応し、脱肛を防ぎ腹圧を高める働きになります。心臓でも縮んだり伸ばされたりするからこそ自身の血行を確保することができます。三つの拮抗のある肋骨の高い呼吸なら、朝から晩まで一日中深い呼吸をしていることが可能です。

 ここから言えることは、肋骨が下がった状態での呼吸には無理があるということです。無理を生じさせないために呼吸を浅くすれば、たくさんの酸素を取り入れられないばかりか、呼吸の働きが退化し、内臓の血行はますます悪くなり、その上に自律神経の働きが衰えるために、あらゆる病気を呼び寄せることになります。これを回避するには肋骨の使いかたを変えて呼吸の形を変えるしかありません。

 さて、背スジを伸ばして肋骨を高く拡げ、横隔膜の働きを高め、胸圧をなくし腹圧を高める、それらを実現して楽で気持ちの良い状態になりましょう、とお話しています。 しかし、楽になるとは?気持ちがいいとは? その元に何があるのでしょうか。それらの感覚を生み出す働きはどこからやってくるのでしょうか。楽というのは負荷を減らし力を使わないことでしょうか、いや、そんなことはないと生命は答えるでしょう。負荷があろうがなかろうが、負荷が大きくても小さくても、どんなことであれ、それを最高に気分の良い状態で行うことが楽ということに違いありません。

 楽とは、心が嫌がっていない状態であり、血行が満遍なく全身に廻り、酸素も十分にめぐり、栄養物は十分に身体に配られ、不要なものは速やかに排出され、自律神経のバランスがとれ、生理的にも力学的に無理がかかっていない、という状態であるはずです。それは気分のいい状態、じっとしていればそれなりに、動けばそれに応じ、激しく活動すればそれに合わせて心身の無理が生じず、気分のいい状態であるはずです。

 これらのことは、本質的にはたった一つの状態の表れです。それは生命が求めているバランス状態、統一状態、そして生命自身が求めている悦びの状態のことです。結果として報酬系の神経回路が働き、その系の物質分泌が多くなり、懲罰系のそれらがより働かない状態でもあります。生命が思考や行動の指針として与えてくれていることでもあります

 これこそが神秘の巨大ネットワークです。

 生命が喜んでこそ、夢、挑戦、愛、憧れ、成功、達成、共感などのより高く深い悦びにつながる行動を生み出すことができます。まずは自分の行動が、心や身体が、少なくともここで話しているような呼吸の状態にならないかぎり、その心底からの悦びも生じてこないことでしょう。どうにかして、何としてでも、楽で悦びにあふれた人生を送ろうではありませんか。

次の記事
本来の呼吸

ナチュラル ヴォイス ヨガ 上達編前のページ

ヴォイストレーニング次のページ

関連記事

  1. ヨガの眼目=統一心・統一体・調和息

    呼吸コントロール力

    心身息の統一ーヨガの三密

    統一心、統一体、調和息 沖ヨガではこの三つを「ヨガの三密」と…

  2. 呼吸コントロール力

    クムバク力(りょく)ー呼吸を自分のものに

     ヨガの呼吸法に 《 クムバク 》 という作法があります。 《クムバ…

  3. 病気・老化-常識的行動が常識的結果を招いている

    呼吸コントロール力

    世間の常識 ー 常識の生む結果

    ヨガの向かうところ ヨガだけでなく日本にも古くから伝えられた…

  4. 呼吸力が本来持つ喜びを引き出す

    呼吸コントロール力

    本来の呼吸-喜びと感知力を生む呼吸力

     お話ししている「体感空間」や「呼吸の拮抗」などは私の発明でも特許で…

  5. 呼吸も運動も方向性が生み出す

    呼吸コントロール力

    伸びる力の方向性-呼吸を開く力

     世の中には健康や身体の使い方のノウハウが溢れているのに、なぜ皆が健…

  6. 発声法は求め方が鍵

    呼吸コントロール力

    発声法-どのように身につけるか

     発声法を学ぶにはまず楽器として正しく機能するための肉体、すなわち正…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. saika Blog

    2018 お正月
  2. shuhei Blog

    Happy Christmas
  3. 采佳のヨガしましょう

    ヨガしましょう 2014
  4. 呼吸コントロール力2

    心と身体で取組む ー 心で心は制御できない
  5. 呼吸コントロール力2

    世の中の当たり前 ー 問題のない方が特別?
PAGE TOP