呼吸コントロールのメカニズム

 私たち人類の生み出す文化は自然の働きとは方向性が大きく違います。その中にあって、いかに生命の働きに沿った自然な心身で生きるかということを求め実践するのがヨガをするということです。そして、ヨガで自分を変えていくには、生命の働きの邪魔をしている心や生活を変えることによってよりよい生を実現していきます。

 それには食事・睡眠・動作・呼吸・考え方・心の状態などの生活すべてが関わっているので、単独の方法で生命の働きに肉迫することはできません。ですが、最近は、食事の内容や摂り方、身体の使い方、生活の仕方などに加え、マインドフルネスなどの心の在り方についても人々の関心が集まり始めています。これらの傾向が、ヨガが目的としているところに近づきつつある証であることを願いますが、ここに、呼吸と人間、呼吸と自分の在り方についての深い考察とそれを基にした実践方法が加わることが必要です。私たちの生活が変化しても思考が変化しても、それらはすべて呼吸の変化として現れます。ですから、呼吸を変化させるということは身体の使い方を変え心の使い方を変えることにもなります。

 このサイトを作ってずいぶん時間が経ちますが、今回のリニューアルに際して、この呼吸についての新しい考え方を紹介します。
 実践から生まれた理論と方法を10年近く前に《本当の自分と出会う ナチュラル ヴォイス ヨガ》という著書で発表しましたが、その後も多くの気付きと新しい方法が生まれています。トータル ライフ デザインという会で発行している月刊の会報でこの2年間に発表してきた内容に少し手を入れてこのサイトで多くの方に読んでいただけるようにしました。まずは21ある記事を読んでください。

 サイトに書き、レッスンで実践する体操法や呼吸法は、誰もが本来持っている生命の働きを活かすためのメソッドですが、そのメソッドで身につく働きそのものが目的ではありません。邪魔をしなければ、赤ん坊が伸びやかにスクスクと育つように、自身の心身が生命本来の働きを発揮できるような下地を養うことが目的です。それは、歳をとっても遅々とした歩みであっても、生命の喜びを感じるという光の方向に向くということ、また、自らを意図する方向に導くというよりも、生命の光が心身を通して自ずと輝くように生命の働きにまかせる生き方をするということです。

 健康や美容であれ声をよくする作業であれ、小手先のやり方では根本は何も変わらず、生命が求めるところに近づくことはできません。本当の自分が一番求めている本質的な喜びに満ちた心や身体の状態を得るようなやり方が必要です。ナチュラルヴォイスヨガは本来のヨガが根本に据える「心・身体・呼吸」の三密を基本としていますが、『身体の使い方の方向性』と『声による呼吸の把握』という二つの切り口からの呼吸の体得、心身息の調和を図ります。

 この記事では考え方が中心になっており、できれば実技も掲載したいところですが、言葉で実技を伝えることは難しく、また、DVDやyoutubeのような一方通行の媒体でも正しく伝わるとは考えられないので、セミナーや個人指導だけでお伝えしてきています。コロナのためにセミナーの代わりに始めたZOOMレッスンでは対面レッスンのようにはいきませんが、それでも工夫と慣れでずいぶんと伝わりやすくなりました。
 また遠方の方との距離に関係なくやり取りができるようにもなりました。これならある程度実技も伝えられそうなので、当分はこれを使ってのレッスンを続けるつもりです。そして、体感空間を生み出す元になる「呼吸 の拮抗」の体感覚を理論と実践で体得し、また、難しい面もありますが、母音メソッドを使った快い呼吸の声のレッスンも実現していきたいと考えています。そうしていつの間にか深い呼吸ができているような身体作りを目指します。

左に表示される《呼吸コントロールのメカニズム》のカテゴリーに21個の記事を入れています。

アーカイブ

  1. 声の話-誰にも良い声があ-

    ナチュラル ヴォイス ヨガ

    声の話-誰にも良い声がある
  2. ナチュラル ヴォイス ヨガ

    ナチュラル ヴォイス ヨガ とは_2
  3. 呼吸コントロール力

    クムバク力(りょく)ー呼吸を自分のものに
  4. 思いのまんま

    思いのまんま 2022
  5. saika Blog

    東山魁夷展in Kyoto
PAGE TOP