saika Blog

アマテラス-玉三郎様

2015.05.25

一度は行ってみたいと思っていた、「玉三郎」の舞台を観に行くことが出来ました。

「素晴らしい」の一言です。

何年か前に、京都の南座で「玉三郎〝美″の世界展」というのを観に行きその衣装の素晴らしさや、舞台の大変な装置などを見る機会がありました。その時に衣装の重量に驚いた記憶があります。

今回はそれを踏まえて玉三郎の動きを見てやはりすごい人だと感動しました。
手や指の一本一本の先の先、一歩の足の運びその先端まで計算されつくした所作が自然体で美しく、彼の身体の動きの「力強さと優雅さ」という魔の世界に魅了されるような素晴らしさに酔いしれました。

演目は「アマテラス」でしたが本当に神様級の存在感に圧倒されました。

「同じ年の男性」です。比べてはいけない別物。

多彩な才能を磨く努力は並大抵ではない事だろうと思う身のこなし。

何度も何度ものカーテンコールに答えてくれる姿勢も謙虚さがにじみ出て本当に「お客様を大切にしていますオーラ」が広がっていました。

 一流と云われる人には、一流と云われる所以があると改めてその凄さを感じた舞台でした。

 玉三郎さまのことばかり書いてしまいましたが、「鼓童」とのコラボの舞台でした。
この太鼓のリズムがまた素晴らしい。
鼓童のメンバーの石塚充氏がスサノオウを演じるのですが、これも迫力がありとても良かったです。

あらゆる場面が太鼓を中心とする音楽で表現されるのですが、実に深い。

日本人の原点ともいえる肚への響き、音との共振で身体がぐいぐい神話の世界へ引き込まれていく様は素晴らしく心地よいひと時でした。


画像の説明

存在、意識、至福前のページ

「あん」という映画を見ました次のページ

関連記事

  1. saika Blog

    黒部、立山へ行ってきました

    2014.10.14長年行きたいと思いつつ、なかなかご縁の無…

  2. saika Blog

    いのちの日記

    2014.08.11柳澤桂子著「いのちの日記」を読みました。…

  3. saika Blog

    東山魁夷展in Kyoto

    2018.10.199月某日、東山魁夷展へ行ってきました。雨…

  4. saika Blog

    陶彩画

    2014.03.22焼物が好きです。どちらかというと、土臭い…

  5. saika Blog

    ひと月抜けました

    2014.05.164月は半月、北海道に居りました。…

  6. saika Blog

    存在証明と言い訳

    2016.03.18長い間更新していないブログですが、ありが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. saika Blog

    名物駅員さんに学ぶ
  2. saika Blog

    ポポ ー ご存知ですか?
  3. ヨガとは

    本来のヨガ_5. ヨガの三密
  4. 沖ヨガ

    沖ヨガ_1
  5. 病気・老化-常識的行動が常識的結果を招いている

    呼吸コントロール力

    世間の常識 ー 常識の生む結果
PAGE TOP