思いのまんま

思いのまんま 2017

2017年-01月 (No.208)

年が変わっても
歳を取っても
ペースは変えない...つもり
歳にはあまんじない

でも
もうちょっと骨太に生きたい
脂肪もつけたい

2017年-02月 (No.209)

思いは伝わらない

簡単にはいかない

妻も生徒も安倍も

みんな価値観が違う

違えば前提がかわる

でもちょっと覆いの土を除けると

結構似たことを感じている

もうちょっと掘ってむき出しにしたら

何も変わらない人間 同じ生命

痛いのはいや 楽しいことが好き

変わらないはずなのに

違って見える

2017年-03月 (No.210)

毎日進化するしかない
そうしなきゃ面白くない

停滞したら腐って
ふて腐れる

毎日面白くてしかたない
そんな一生がいい

毎日飽きないで興味を追及する
一生をそうやっていきるのは悪くない

進化は内に進むべきだ
それは気づきとして与えられる

2017年-04月 (No.211)

国境も村八分もイジメも人間の性

人間のというより、動物の性
猿の群れと同じ

リーダーに従わないヤツも
異質に見えるヤツも
群れにとっては危険

異質は除外すべし

子どもの世界も政治も その性が生きる
でもこれは 動物的生き方そのもの

もし 人間の生き方に変えたいと思ったら
どうすればいい?

2017年-05月 (No.212)

草も花も美しい

星も光も空気も
景色も花も動物も
人も女性も心も

美しいは 僕にとって
心を豊かにするもの

美しいものを見ていたい
美しい人を見ていたい
自分も美しくいたい

僕の顔は美しいか
心は美しいか
呼吸は美しいか

僕の生き方は美しいか

2017年-06月 (No.213)

生まれたくて 生まれたわけではない
気が付けばここにいる

包み込まれ なぜか生きている
否応なく生かされている

何を為そうと 生かす力は動じない

何を考え 何を思い
何を求めても
力は背後からくる

成功も失敗も 達成も挫折も
喜びも悲しみも
すべてお釈迦様の掌の上

生命は何も求めず
圧倒的な力で語る

ただ喜べ ただ生きよ
生ききるのだ

私の求めは蚊のささやき
私の行動はアリの一歩

求めようと求めまいと
生命はただ在る

2017年-07月 (No.214)

電車の吊り下げ広告

“生命はもっと輝くことが出来る!”

へー こんな捉え方 なんかうれしい
でも続きはガッカリ

ファッションイベント
参加したら輝けるって

サプリでもそんなのがあった
冗談だろ

化粧もエサも関係ない
生命は自ら輝く

気づけば輝いている

2017年-08月 (No.215)

ゲームソフトで国を作り 偉業を成す
現実に金を動かし 家庭を営む

生活の掛からないゲーム
命の掛かっている現実

どちらも面白い

でも三者的に見ればどちらもゲーム
ボタン一つでリセットできる

偉業も成功も失敗も
違う価値観というボタンで
瞬時に消えてなくなる

本質的価値は別にある

知性は優劣を較べ善悪を分別する
でも“それ”を味わい慈しむことはない

“それ”は ただ“ある”だけ
生命(イノチ)だけがそれを味わう

“現実”というゲームは“それ”を内包している
しかし“ゲーム”というゲームは虚構でしかない

でもきっとこれも面白いのだろう

今さら 大人はどうでもいいけれど
これから育つ子どもには虚構を積ませたくない

2017年-09月 (No.216)

人生はチョイス

どんな世界を
どんな声で生きるか

声もチョイス

声で世界を威圧すれば
その声に威圧されて生きる

力のない声を出せば
世界に力をもっと奪われ

爽やかな声を出せば
清々しい世界に生きる

優しい声を出している人は
いつもやさしい声に包まれる

相手に与えるものが
そのまま自分に与えられる

宇宙普遍の法則は声も同じ

2017年-10月 (No.217)

階段をカンカン踏みつけるな
蹴飛ばしているみたいだ
地面と仲良く歩こう

ガツガツ食べるな
食べ物に失礼だろう
自分にも礼儀正しく生きよう

固い顔で歩くな 
周りが怖がるだろう
空気を受け入れよう 

アゴを出すな
優しくなれないだろう
背骨を立てて他を思いやろう

力ない呼吸をするな
目を見開いて強く息を吐け
エネルギーは自ら生み出そう

重苦しい息をするな
周りまで苦しくなるだろう
胸を開いて爽やかな息を入れよう

うるさい声を出すな
その空間にいたくなくなるだろう
優しい声で相手を包もう

人を思いやれない呼吸が
自分さえよければという表情が
自らも生み出すその波動が街を包む

家族を変え、世の中を変えるのは
主義ではなく
一人ひとりの生き方

2017年-11月 (No.218)

本当の自分と出会う
喜びに満ちた自分と出会う

深い呼吸の海の中
思いもしなかったところ

あるのは温かさと豊かさ
そこには差別がない

意識が広い深い
体感空間が広い

中も外も喜びの世界

そこは冥想

2017年-12月 (No.219)

世界は誤解に満ちている
人生も誤解だらけ

争いも病気も心が進歩しないのも
すべては誤解にはじまる

誤解があるなら 正解があるか
でも正解はほとんどだれもしらない

人生の誤解 夫婦の誤解
生命の誤解 親切の誤解

こんなものだと思い込んでウン十年
いや ウン千年

長く生きている人も 短い人も
みんなそのまま わからないまま

自分の声はこんな声
自分の人生こんなもの

誤解でも間違いでも
そのまま生きている

→ 思いのまんま

思いのまんま 2016前のページ

思いのまんま 2018次のページ

関連記事

  1. 思いのまんま

    思いのまんま 2018

    2018年-01月 (No.220)70年かかってやっと見え…

  2. 思いのまんま

    思いのまんま 2016

    2016年-01月 (No.196)     よろこ…

  3. 思いのまんま

    思いのまんま 2020

    2020年-01月 (No.244)オジー背…

  4. 思いのまんま

    思いのまんま 2011

    2011年-01月 (No.137)老木はあたたかく立つ…

  5. 思いのまんま

    思いのまんま 2021

    2021年-01月 (No.256)こって牛は偉い…

  6. 思いのまんま

    思いのまんま 2022

    2022年-01月 (No.268)好きに生き肚に力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ナチュラル ヴォイス ヨガ

    体感空間ってなんだろう
  2. saika Blog

    桜に思う
  3. 呼吸コントロール力2

    呼吸の連携 ー 全身が協力して膨らみ広がる
  4. saika Blog

    電車の旅
  5. saika Blog

    好きな映画
PAGE TOP