沖先生の思い出

誓いの言葉

 沖ヨガ道場では全てのプログラムが行法と呼ばれ、起きてから寝るまですべてを意識的に行じなさい、すべてを冥想行法として行うのだと、般若心経や誓いの言葉の書かれている沖ヨガ生活行持集という小冊子を持ち歩き、行法の前には必ず十六ある誓いの言葉のどれかを皆で唱和しました。

 沖ヨガ生活行持集より

目覚めの誓い 

 ただ今、私は、目覚めさせていただきました。目覚めたということは、生きるに充分な体力の、与えられていることであります。私は今日一日、あらゆることに全力を出し切って生きることを誓います。

清掃行法の誓い 

 ただ今から私は、清掃行法を行わさせていただきます。この清掃行法を通じて、心と生活の清めを誓います。清い心とは求めない心です。他に自分をささげる心です。一切のものに感謝する心であります。

浄化行法の誓い 

 ただ今から私は、心身浄化の行法を行わさせていただきます。不要な残留物を出し切るために、精一杯の力をこめて行うことを誓います。

強化行法の誓い 

 心身の働きは、正しく鍛えれば強化されることを知りました。私は自分の能力を発揮するためにも、他に奉仕・協力できる愛の行者になるためにも、強い心と体が必要であることを自覚いたしました。ただ今より、心身強化の行法を、行わせていただきます。今私は、積極的な思考と言行以外は持たないこと、一切弱音をはかないこと、できるだけ耐えることを誓います。

栄養摂取の誓い 

 栄養は自分に良いものを取り入れ、自分に悪いものを入れず、不要なものは出し切ることであると知りました。自分に取り入れて良いものと悪いものを知っているのは、体自身に与えられている知恵であると知りました。今からの私は、自分の内在智の教えに従って、自分に適し自分に必要なものを取り入れ、不要で不適なものは出し切るよう努めます。

冥想行法の誓い 

 人間の一番正しい状態、それは自然であることです。白l然であるとは、調和のとれていることです。調和のとれている時には、安定しており、平静を保っております。私たち人間の一番陥りやすい状態、それは偏ること、とらわれることであります。でありますから私たちは、意識的に逆の状態の訓練をして、バランス維持の働きを高めなければならないことに気づきました。ただ今より、とらわれない心身を造る修業の、冥想行法を行わさせていただきます。心身の統一と放下の訓練を通じて、自己を無にすることを誓います。

矯正行法の誓い 

 いのちの働きは、バランス維持の働きであります。誤った生活をすると、悪い癖が身について、いのちの働きの邪魔をします。ただ今から私は、身につけている悪い癖をのぞく行法を、行わさせていただきます。

作業行法の誓い 

 いのちの働きは、動きと休みのバランスであることを、知らさせていただきました。正しく動き正しく休むことが、いのちの働きに忠実であること、自分を愛することであることを、自覚いたしました。私たちの正しい生き方は、ご恩返しの生き方をすることであることを、気づかさせていただきました。ヨガは体験を通じて真理を学ぶ哲学です。私たちは社会奉仕できる自分を造るために、意識的にあらゆる体験をさせていただきます。作業訓練を通じて、楽しく正しく働けるコツ、他に奉仕させていただけることを喜べる心を養わさせていただきます。

求道の誓い 

 私たちはすべてのこと、すべてのものには、存在の理由があることを気づかさせていただきました。一切の現象には、依ってくる所以があるのだということにも、気づかさせていただきました。一切は自然法則の現れであることを、自覚させていただきました。今からの私は、一切の事物と現象を、真理を学ぶための教えとして受け取らせていただき、生活のすべてを、求道の対象として学ばさせていただきます。

実行の誓い 

 行ずることを抜きにした教えは、無きに等しいものであることを、知らさせていただきました。行を伴わない知識は、死んでいる知識であるということにも、気づかさせていただきました。真実を把握する道は、知行合一であることを自覚させていただきました。ただ今からの私は、すべてのことを意識的に行じさせていただきます。良き教えは数多く教えられております。実行してこそ教えが生き、自分の身にもつくのであると知りました。今からの私は、良き教えの実行者になることを誓います

愛の行者になる誓い 

 人間として一番大切な生き方、それは愛の生き方であります。愛とは正しく生きることに協力することであります。ただ今からの私は、正しく生きることとは何かを学ばさせていただき、自分のため、他の一切のために、正しく生き、正しく伸びることに、協力させていただく生き方を、実行することを誓います。

心を中心とする誓い 

 私たちはいろいろな行法と訓練を、学ばさせていただいております。それはヨガが、行法哲学であり、実践する宗教であるからです。私たちはすべてのことを、心をみがき高めるものとして、学び行じさせていただきます。

祈り行法の誓い 

 私たちは、生命は自然であり、自然とはバランスであり、バランスが道であることを、自覚させていただきました。神とは生命であることを知りました。神の道に従うとは、自然法則に従うことであることを、自覚いたしました。祈りとは、心と生活を神に結びつけることであります。今からの私は、意識的に自然法則、すなわちバランスのとれた生き方の工夫をいたします。神を知った私は、一切のことを神の教えとして、学び行じさせていただきます。

宗教心体得の誓い 

 宗教とは、一番大切な教えのことであります。私たちにとつて一番大切なこと、それは生きることであります。生命すなわち神を、大切にすることであります。私たちは、生きるために生まれてきたのであります。生きることが目的であり、意味であり、価値であり、使命であることに、気づかさせていただきました。宗教心とは、最上の生き方の工夫と努力をすることであることを、自覚させていただきました。ただ今からの私は、あらゆることを通じて、正しい生き方の工夫と実行をさせていただきます。

自己解放の誓い 

 私たちはヨガにより、自業自得の真理を自覚させていただきました。自分を支配しているもの、自分をつくりだすもの、それは自分の身についている働きであります。今私は、自分にあらわれている一切の現象は、自分の業のあらわれであることに、気づかさせていただきました。自分へのあらわれ、他人へのあらわれを通じて、業の学びを行わさせていただきます。業とは何でしょうか。先天的なものとしては、遺伝と霊であります。後天的なものとしては、習慣、癖、記憶の内容であります。業が誤っていれば、どうしても誤ったことをせざるを得ません。自分を損ねるものも、自分を助けるものも、それは自分の身についているものの、正否であることを自覚させていただきました。業のつくり主、それは生活であります。今私は、生活を正し整える以外に、救われる道、悟りに至る道のないことを、自覚いたしました。ただ今からの私は、意識的に、自己解放、自己啓発の業を身につける、修行・修養・修業・教養を行うことを誓います。

ねむりの誓い 

 今日一日生かさせていただいたご恩、学ばさせていただいたご恩に対して感謝させていただきます。またただ今私は、今日一日の反省をし、明日への新しい誓いをたてております。ただ今からやすまさせていただきます。ありがとうございました。すべてのご恩に対して、感謝させていただきます。自分の努力の足らざりしことを、お詫びさせていただきます。

風邪の対処法前のページ

沖先生の冥想指導 3次のページ

関連記事

  1. 沖先生の思い出

    ヨガ指導を始めた頃

     ちょっと長いですが、2011年8月号和気愛会に掲載したものをそのま…

  2. 沖先生の思い出

    風邪の対処法

     沖先生の思い出の最初の入門のところで書いた、23歳で初…

  3. 沖先生の思い出

    沖先生の冥想指導 2

     沖ヨガ道場での冥想行法の体験記の続きです。 沖…

  4. 沖先生の思い出

    子どもの名前

    初めての子どもが生まれた時のことです。 そのとき28歳、まだ…

  5. 沖先生の思い出

    感知力

    2012年11月号の《周平の沖ヨガ読本》に掲載した記事で…

  6. 沖先生の思い出

    笑いの行法

     沖ヨガ道場の一日は、体を使い頭を使いまた体を使い、屋内・屋外、動・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お腹が動けば腹式呼吸か

    呼吸コントロール力

    呼吸の型と腹圧 ー スックと伸びてドンと安心
  2. shuhei Blog

    今年最後の畑仕事
  3. shuhei Blog

    セミナー
  4. ナチュラル ヴォイス ヨガ

    ナチュラル ヴォイス ヨガ とは
  5. あくびは神様のくれた修正法

    呼吸コントロール力

    欠伸(あくび)-呼吸の修正回復運動
PAGE TOP