自分らしく生きる生き方そのものが人を健康にする

NVY上達編

NVY上達編

”本当の自分と出会う ナチュラル ヴォイス ヨガ” を出版してから5年以上経ち、呼吸法や体操法、そして声を変えていくためのノウハウは進化・変化をしているが、その根本のところは全く変わっていない。

ちょっと気になるところがあって自著を読み返してみた。
ヴォイス トレーニングに対する考え方の大切なところが最後の方の「上達編」p253~p273にまとめてあるのでこれを公開します。多くの方に読んで理解していただきたいと思います。

その前に以下を読んでから上達編(ちょっと長いです)に入ってください。

ヨガや声を真剣に学びたい方、そしてヴォイス トレーナー、ヨガの指導者の方々へ

自分の中にある「喜びを生み出し感じる能力」をみずから発揮できるように絶えず求め続けること、それがヨガをするということです。

自分の生きる作業をすべてその目的に向けてこそ本物の実を結ぶことが出来る。その実をヨガと呼んでいる。声に限らず全ての作業を自分の中の喜びを感じることができるような生き方に向けて鋭意努力を重ね続ける。これがヨガをやるということ。

自分の得た成果が生きる喜びを引っ張り出すのではない。ただ声がよく出るようになったとして、それが何になる。行為そのものが自分の命を輝かせないとしたら、その行為に意味はない。生きる喜びがその行為に伴っていてこそ生き甲斐なのだ。そしてその喜びは元々自分の中にあったものだ。

何かを得たとしても、それ自身が自分の人生の真の喜びに寄与することはない。
真の喜びは人からもらったり買ったりすることが出来ない。いくら多くの金を手に入れてもどうにもならない。ましてや強奪などしようがない。自ら汗をし、他に喜びを与えたときに得られるものだからだ。そしてその喜びは追及していくほどに、そう簡単には手に入らないことに気づく。
でも、その喜びが得られないなら、人生はただ生きてただ朽ち果てるだけのことでしかない。そんな生き方に価値を見出すことは出来ない。

私はいつも自分にこのことを言い聞かせ確認をしている。

そして是非、ヨガや声という素晴らしい題材を与えられたことを簡単に済ませてしまわずに、生きる根本を見つけ自分のものにするという、本来のヨガの教えを生かすことに使い、一生をかけて本物を探し手にするための題材に使って欲しいと念願します。

自分の声がよく出るからといってヴォイス トレーナーが出来るわけではありません。体が柔らかいからヨガの講師ではありません。自らが、ヨガの提示する喜びの生き方を求めて共に進もうする人がヨガの生徒であり先生なのです。

  → 本当の自分と出会う ナチュラル ヴォイス ヨガ 上達編

コメント



認証コード4894

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional