自分らしく生きる生き方そのものが人を健康にする

指導者養成について

指導者養成について

私が若くして洗礼を受けた沖ヨガ、そしてその実践哲学のおかげで今の自分があり、
この歳まで健康に生き、心豊かに生きることができていると常々思っています。

ですからこの実践哲学を他の方に伝えることが私の大切な使命です。

ただこれは、書物にして書ききれるようなものではなく、
マニュアルを作って簡単に表現できるものでもありません。

体操の仕方一つでも、根本の考え方と心身のあるべき姿を念頭に置いているかどうかで自分の人生が左右される。そしてそれは自分の心と体に聴くしかない。

というようなことがまずあり、それを発見できるようなお手伝いをするのが指導者であるということですが、このようなことを、多くの方に一斉にまとめてお伝えするということはできません。

私が数人の方に伝え、その人たちがまた数人の人に伝え、ということを繰り返せば、多くの人に伝わるはずです。

私が「お伝えしたい」というのと同じ感覚で「お伝えしたい」という姿勢を持つ人を育てていくことが必要です。

ですから、指導者志望とは無関係に沖ヨガを一生懸命にやりたいひと、本気でやりたい人、
そんな人に伝えさせていただきたいと思います。

とくに指導者養成と名前を付けずとも、自分の身についてくれば人にも伝えたくなります。
何らかの形で周りに影響を与えるようになるでしょう。

ですから、ここで指導者養成と書いていますが、特に指導者になりたい人だけを求めているのではなく、

本気でやりたい人集まれということです。


ナチュラル ヴォイス ヨガ  采佳ヨガ  沖ヨガ

それぞれの特徴を生かした指導者を養成します。

ナチュラル ヴォイス ヨガ指導者養成

ヨガのポーズや修正法に加え、正しい体の使い方の原則、伝統的なヨガの呼吸法

新たに開発した呼吸法、野口体操やその他のメソッドの応用や各種ボディワーク

声のために編み出された各種ボディワーク、母音メソッド、声の感じ方や出し方、etc

まずは自分が快い体の使い方、自分を変えていく呼吸の方法、快い声の出し方を身につけ、

そして他の人の声の聞き方を学び、指導する方法を学びます。

采佳ヨガ指導者養成

自身の身体を調えるヨガ、自身の身体の調整をする整体、

そして他と呼吸を合わせ自他を生かすヨガを学ぶ。

生理解剖の基礎、特に骨格、筋肉の働きや関連、ヨガ食の原理原則を学ぶ。

知覚器官(五感)の働きを高め、真我に通じる道創りを学ぶ。

脳育(脳の機能を高める)姿育(均整のとれた姿態づくり)体育(健康な身体作り)の方法を学び指導力を身に付ける。

知育(哲学的に真理を求める)徳育(宗教的に真理を求める)を共に学ぶ。

《自分が自分の主人公になる》という自己コントロール出来る生き方を追求。

共に学び、活かしあうことの出来る指導者の育成を目指す。

沖ヨガ指導者養成

総合ヨガ(ラジャヨガ・ハタヨガ・カルマヨガ・・・etc、ヨガの科学性・哲学性・宗教性)、

生活ヨガの実践、各種ポーズの正しい行い方・強化法・修正法・冥想法などを

沖先生の著書に従って学びます。

すでに指導に携わっている方

ヨガのインストラクターをしているけれど、多くのクラスをこなさないと・・・、足や腰など不調を抱えている・・・
もっと深くヨガを学びたい

という方が多くおられるようです。

体がいくら柔らかくても、それらしいポーズができても正しい体の使い方を学ばないと体を壊すだけです

正しくヨガを学び、正しく実践することが、自分自身のためになり、指導者としての能力も高めます。

  →指導者の条件とは

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional