自分らしく生きる生き方そのものが人を健康にする

ヴォイストレーニング

ヴォイストレーニング

ナチュラル・ヴォイス・ヨガは従来の発声法とは異なる理論や体系による、
新しいタイプのヴォイストレーニングです。

もちろん、良いと感じる声を求めるのですから、そこは旧来の発声法と変わるところはありません。

しかし、良い声、良い発声法を求めるには、呼吸の状態や身体の使い方がベースになっているということを深く認識し、その根本を押さえたアプローチが必要です。

そのアプローチは、声をバロメータにして正しくヨガをすることでクリア出来るのです。

本音をいうとヴォイストレーニングという言葉ではうまく表現できていないのですが、
他に適当な言葉が見当たらないので、この言葉を使っています。

また、ヴォイストレーナーと名刺に書いたりすることもあるのですが、
これも私のやっていることを的確に表現できる言葉ではないと思っています。
でも適当な言葉が見つからず、やむなく使っています。

身体の動きと同時に声を出すことで呼吸を変えていき、気が付くと良い声が出ている。
ナチュラル・ヴォイス・ヨガではそんな変わり方をしていきます。

声を良くしていくために必要なことは、トレーニングという感じで鍛えることよりも、
バランス感をつかむとか、自分と他との関係性に気づく、というような感覚の方が大切で、
自分らしい本来の声に出会う、本来の自分に出会うと表現する方が私にはしっくりきます。

この感じ方で進む方がきっと、早く、間違いなく、より良い道を進むことが出来るでしょう。
無理のない良い声の出し方をおぼえていけば、必要な筋肉は勝手に鍛えられてしまいます。

体や呼吸を支配するための筋肉が結果としてトレーニングされるということは確かに必要です。
普段あまり体を使っていない方には、ちょっときつい、と感じることもあるでしょう。でもそれは喉回りや声帯の話ではありません。
肋骨や横隔膜を使うことでちょっときついのです。

そこが、その人の足らないところですから、それを経過して初めて、
全身の健康的な使い方や良い呼吸が身につき、良い声になっていくのです。

母音メソッド≫、≪ヨガのポーズ≫の応用、そして色々な≪ボディワーク≫などを駆使して、
声と体、体と母音、心と体の結びつきを捉え、そしてそれらを統合する呼吸の働きを身につける。
これが、自分らしい良い声を引き出します。

一人一人心も体も、そして癖も異なります。
その人の足らない働きを補うような、姿勢と呼吸の変化を引き出すことが大切です。

歌、朗読、演劇、初心者、プロ、どのようなジャンルの声も、無理なく変わります。

レッスンをしていて、生徒からその人らしい声が出てくるとき、
このときが私の一番感激する瞬間ですが、

生徒が言うことはきまって「気持ちがいい」、「自分が大きく感じられる」ということです。

体と呼吸の使い方がその人にとって理にかなったものになったとき、
思考によって生まれる主体性ではなく、自分の存在そのものから生じる主体性が感じられ、
これこそ自分だ、これこそ自分の声だと自覚できます。

これが自分の声に出会うということです。

(著書 ≪ナチュラル・ヴォイス・ヨガ≫ -自分の声に出会う-より)

次も、著書《本当の自分と出会う ナチュラル・ヴォイス・ヨガ》から、声を学ぶ人にとって大切な考え方と実践に対する心構えのところをそのまま掲載します。
2017年5月5日のブログと次に続く頁です。

   →  NVY上達編

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional